スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地鎮祭と地縄張り

2008年09月11日 00:04

9月6日(土)16:00~
地鎮祭です。


地鎮祭の行事の写真はハウスメーカーの人が撮ってたのをの後日現像して送ってくれるそうです。
地鎮祭は、省略します。
(写真をもらった時点で、補足いれます~)
そのあと、すぐに地縄張りをしました。
これは、自分(施主)がデジカメで撮ったのでアップしてあります。

<地縄張り>
・工事課の担当者と敷地の境界確認。
・建物の建つ位置の確認。
・GL(地盤面の高さ)の確認
・各種メーター位置の確認です。

1.敷地の境界確認
境界には杭がうってあるので、すべての杭を確認しました。またそのとき塀をつくるのにどれだけ内側にするかもきめました。(数センチ)
※ぎりぎりにすると相手側に塀の根元側が幅があるので相手側に入ってしまうとのこと。

2.建物の建つ位置の確認

ビニール改
建物の建つ位置にビニールひもで、大きさを表していました。

3.GL(地盤面の高さ)の確認
「BM」と言う動かない位置を高さゼロとするとのことでした。

側溝改
建築予定地には、写真のとおり、側溝の蓋のボルトのようなものとなりました。
担当者より、動かないものにするということでそれにしたそうです。

棒改
この写真は、敷地内に建ててあり、2本のテープがまかれてましたが、下のテープの位置に基礎天、上のテープの位置に1階床になるとのことでした。
つまり、基礎天→ヘーベル版→床板ってことだそうです。

4.各種メーター位置の確認
ガス・水道・電気、さらに散水栓、排水用のフタのいちなど確認しました。

テント改
最後に、地鎮祭を行ったテント(祭壇は片付いてました)にて、それらの記載された表にサインしました。
またハウスメーカー・ガス・水道電気・基礎躯体をおこなう会社などもサインして承認となりました。

このあと、ハウスメーカーと一緒に隣接する家に挨拶まわりに行きました。
(1軒不在でしたが、夜に改めていきました。)

16時から地鎮祭し地縄張りそして、挨拶まわり終了した時、すでに2時間過ぎていました。
つかれた~~~

すこし間おいて、17日から基礎工事がはじまります。
時間があるので、仮設工事や、地鎮祭の写真がとどけば補足など今後アップしていきます。
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。