スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎工事 生コン流し込み直前レポート!

2008年10月27日 01:19

基礎工事 第13日目(休日)

10月26日 日曜日

今日は、工事休みです。明日から生コン流す作業始ります。
そのまえに、現場行ってきました~。

だれもいませんので、気楽に写真撮れました~^^

基礎12-01
まずは、基礎枠外見写真です。以下、いろんな角度からの写真です。

基礎12-02
深さがあるところは、上下2段の枠になっています。

基礎12-03
深い場所のカドの写真です。上下段の間は、はずれないように、ねじ込んで押さえていますね~

基礎12-04
内側からの写真です。近寄ってみると~

基礎12-05
白い丸いプラスチックが見えますね~
これは「スペーサー」というそうです。
鉄筋に十分コンクリートがかぶるようにこの道具を使うそうです。酸に弱い鉄をアルカリ性のコンクリートでしっかりガードするとのことでした。

基礎12-06
基礎の上側です。近寄ってみると~

基礎12-07
これでは、よくわからない~ さらに近寄ってみると~~

ピントが合わない~~

それならば。。。。

カメラ 基礎の中に入れちゃいました。~~~
その写真です。
   ↓
   ↓
   ↓
基礎12-08
このような鉄筋が入り組んでありました。~

さらに違う場所にて、先ほどと同様に上から~

基礎12-09
先端が赤い4本の鉄筋が見えますね~
これは、アンカーボルトと言うそうです。
ここに柱が立ち、4本のボルトで基礎と柱をしっかり接合するとのことでした。

では、さらに近寄ってみると~~

基礎12-10
下まで鉄筋が伸びています。

基礎枠より外側に木があり、それにテープが巻いてありました。

基礎12-11
このテープの高さが基礎の上の位置(基礎天端)と1階床の高さになるそうです。

最後に、全体写真です。

基礎12-12
これで基礎枠完了です。

工事課の担当者より、流し込み日予定通り実施しますとの連絡をいただきました。
明日が楽しみです^^

スポンサーサイト

基礎工事 その2

2008年10月22日 23:54

基礎工事 第8日目

夜遅い時間帯の撮影です。
近所迷惑と知りつつも、そっと工事用アコーディオンを開け暗闇の中すこしだけ基礎まで近づいて撮影しました。
デジカメの画面みても真っ暗で、適当にシャッター押しました~^^;
それが下記の写真です。

基礎8-01
型枠が設置してありました。
写真より、中に鉄筋が入っているのがわかります。

基礎8-02
型枠のつなぎ目がしっかりと接続してあります。
(写真の左側に土が青いシートにかぶさっています。)

基礎8-03
かどもしっかりして型枠を組み立ててあります。

今日は、現場を見たと言うよりも写真を見て文面にしました。~^^;

基礎工事 その1

2008年10月20日 01:37

基礎工事 第2日と第6日目

基礎はじまって6日経ちましたが、実際写真撮ったのが、第2日目と第6日目なので、そのぶんまとめとブログにアップします。

第2日目

ヘーベルとして当たり前ですが、連続布基礎です。
砂利で固めてありました。

仕事終わった後でしたので、夜撮影しました。

基礎2-01
余分な土はシートかぶせてありました。
砂利で固めてあります。
白い線が、壁になるのかなあ?

基礎2-02
玄関側です。

基礎2-03
土の深さが違うため、段差がある場所は、盾(青いパネルのようなもの)を設置してありますね~

基礎2-04
違う角度からです。
一部、300ミリダウンと設計図上に記載されていました。

第6日目

第6日目になると、進んでいますね~
鉄筋が入っています。

基礎6-01
全体写真です。

基礎6-02
6日目になって言うのは遅いのですが、写真に木の囲いが写っています。これは、基礎開始時からありました。

基礎6-03
鉄筋の下に台座があるように見えます。
近寄ってみると~~~~

基礎6-04
写真のごとく、台座(コンクリート台)が定間隔に敷き詰めてありました。

基礎6-05
段差がある場所ではパネルが一部削られてそこに鉄筋が通っています。

基礎6-06
違う角度からの写真です。

基礎6-07
基礎のメンテナンス用に人が通れるところですね~

基礎6-08
基礎のいろんな部品となるものがまとめて置いてありました。

基礎6-09
最後に、日曜日なのに、仕事している人がいました。
(土曜日は、家庭の都合で仕事休んだのでその代りに日曜日に作業していますとのことでした。)
お疲れ様です~

工事課担当者より電話があり、27日に基礎用のコンクリートを流すそうです。
当日は、作業中の写真撮りたいため、午後から休みを取得予定です~^^


土留め工事 完了

2008年10月14日 22:16

10月14日
土留め工事 完了
フェンスありませんが、外枠だけできたって感じですね~

きれいに土留めするには、既設土留めを壊しすべて土留めし直すと化粧ブロックがきれいに並んでいいのですが、予算的な問題もあり、既存を利用しました。

外壁前
玄関側です。既設土留めの上に化粧ブロックが積んであります。

外壁中間
途中から、コンクリートブロックです。

外壁後
後ろ側になります。
(かどの柱は、工事用の網フェンス柱です)

化粧ブロックもコンクリートブロックも穴が開いている部分にフェンスの柱が入る予定です。

まだ、外回りすべてブロックが積まれたわけではありませんので、基礎工事と並行におこなっていくと思われます。

次回は、やっと基礎工事についてブログにアップできそうです。^^

設備 その2

2008年10月10日 01:27

10月9日
土留め工事は、裏側の境界にCB(コンクリートブロック)積まれていました。
あとは変わったことがなかったので、写真撮りませんでした。

ってことで、そろそろ設備のその2について話します。
工事がゆっくり進行して話す機会はいくらでもあったのですが、協議中のものがあり話せませんでした。
今回、「変更OK」となりましたので、報告します。

<2世帯住宅>
夕食は親といっしょに。朝食は、別々でってことで、2Fは小キッチンセットにしました。
風呂は1Fで共同
玄関共同
※これで、嫁と姑がうまくいけばいいのですが。。。。。。。って、自分が調整役でした。

話がずれてしまいました。本題にもどります。

設備その2
(以下、すべて0801仕様内の設備です。照明、カーテンもヘーベルハウスでお願いしましたが、ここでは省略。)

装置:エコウィル、1F及び2Fのリビングに温水による床暖房
食器棚①:トールスタッカータイプ(ヤマハ60巾、ヤマハ75巾(昇降ラック付))
食器棚②:トールタイプ(ヤマハ75巾)
ゴミ置き棚:食器棚カウンターゴミ置きタイプ(ヤマハ)(ゴミ箱は施主支給)
キッチンセット:ヤマハ26I型蹴込収納付ミラーホワイト、吊戸棚(昇降ラック付)
(カウンター:人造大理石ホワイト)
(シンク:セミジャンボシンク)
(水栓:シングルレバーハンドスプレー+料理用整水器)
(コンロ:ガラストップ3口コンロ750巾)
(レンジフードファン:ヤマハ900巾シルバー)
キッチン前パネル:アーバン101
食器洗浄乾燥機:プルオープンディープタイプ
1Fの洗面台:TOTOの09巾全引出し、09巾の吊戸棚付、洗髪シャワー付きシングルレバー水栓
ユニットバス:TOTO Cパターン、3枚引戸、1650サイズ、ワンダービート水栓、浴室乾燥(ガス)+ミスト付、浴室デジタル放送対応液晶TV、ラウンド浴槽(人造大理石ムーンホワイト)、ランドリーパイプ
1F机:+NEST(プラスネスト)用の机(2m)ウォールファニチャー本棚90巾
防犯システム:ワイレヤスモニターインターホンシステム(防犯センサーライトカメラ付)
1Fトイレ:TOTO タンクレス(自動開閉機能付)、TOTO手洗いキャビネットト(カンター無)、タオル掛けリングタイプ(カワジュン)、ペーパーホルダー(カワジュン)、手すりL型
1Fその他装備:スライド式床収納、ウォールファニチャー方立システム、ウォールファニチャーフリーレイアウト、洋室床収納(秘蔵っ庫)、室内物干金物
2Fトイレ:TOTO洗浄便座一体型ロータンク有(手洗い付)、タオル掛けリングタイプ(カワジュン)、ペーパーホルダー(カワジュン)
2Fシャワー室:シャワーユニット(グレー)
2F洗面台:TOTOの08巾全引出し、08巾の吊戸棚付、洗髪シャワー付きシングルレバー水栓
2F小キッチンシステム:サンウェーブ18I型蹴込収納付ドアポケット有
(カウンタートップ:人造大理石)
(ガスコンロ:グリル付2口コンロ)
(レンジフードファン:750巾側板有)
食器洗浄乾燥機:プルオープンタイプ
キッチン前タイル:モダンクロスホワイト
2F食器棚:食器棚トール家電置きタイプ(蒸気処理機能付)、食器棚施主支給(移設)
2F食器棚用ごみ箱ワゴン:サンウェーブ家電置き用900巾
2F造作:対面キッチンカウンター
2Fその他装備:ウォールファニチャー本棚90巾(書斎)

以上の設備と決定しました。

※ 仕様で補足追加
小屋裏収納:手動アルミ折りたたみしきハシゴユニット

融合型2世帯住宅の装備と仕様の補足でした~

土留め工事 その2

2008年10月09日 01:47

10月8日
コンクリートブロックと化粧ブロック

土地購入時には、すでに片面の隣接および裏手側の隣接には土留めしてありましたが、雨などで土が隣へ流れないよう、土留めの上にブロックを1段積むことにしました。
また、土留めがない隣接にもブロックを埋め込みの分も含めて2段積むことにしました。
そのブロックの上に、フェンスを張る予定です

外溝工事業者の提案で、玄関側に近い両隣の境のブロックのみ化粧ブロックにしました。
つまり~玄関から見て見える場所だけ化粧ブロックにしたってことです。^^;

コンクリートブロック
家の裏側の境界に近い場所の写真です。
コンクリートブロックがならんでおいてあります。明日、積まれることだと思います。

化粧ブロック
化粧ブロックです。
玄関側にまとめて置いてありました。
写真の後方には、既設土留めの厚みが薄かったのかどうかわかりませんがコンクリートで補強されていました。

化粧BとCB
この写真は、さきほど玄関に近い隣接との境界線には化粧ブロックと言いましたが、この写真がそうです。
コンクリートブロックと化粧ブロックが1つずつ置いてありますが、これより左側をコンクリートブロックがならべていき、右側には化粧ブロックが積まれていくと思われます。

明日には、既設土留めしてある部分に、すべてブロックが積まれそうです。

土留め工事はじまりました~

2008年10月08日 04:03

10月7日
土留め工事 開始~

土留め工事、4日(土)および6日(月)に一部道具を持ち込んでいましたが、工事の始まる雰囲気はありませんでした。
今日はどうかなと仕事帰りによると、時間的に工事終わっている時間帯ですので、誰もいませんが工事していた形跡がありましたので、写真アップします。

土留め1
ブロックや砂が置いてあります。
スコップがささっていました。
少しずつですが工事用の器具も増えています。
また、後ろのほうで、網のネットが少し取り外されていました。

**********

地鎮祭(9月5日)から、1ヶ月すぎました。
この時期は、住宅ローン減税のため、かけこみ建築のラッシュだと思いますが、やっと建築の順番がきたって感じでした。

設備について その1

2008年10月02日 23:24

10月2日
工事担当者に聞く~

土留め工事が遅れていると思い、ヘーベルハウスの工事担当者へ電話しました。
土留め工事と基礎工事の2期工事に分けたと聞いてるのですが、現場では建築用機械などが何もないため、進んでいないように思えると伝えたところ、回答が、10月14日基礎工事が決定して、それまでにやれることだけを工事することでした。つまり、ハウスメーカーとしては10月14日に基礎工事が始まればいいわけで、現場で工事行う業者の判断で土留め工事をすればいいみたいでした。施主としては、スケジュール通り進んでいれば問題ないので、了解し電話を切りました。

ということで、土留め工事についてのレポートは始まったところで、アップします。

よって、今日もなにもなかったので、前回の続きで、設備について話します。

(2世帯住宅)

設備その1
(以下、すべて0801仕様内の設備です。)
物干金物:デザイン軒天吊型(1階及び2階に設置)
窓:掃き出し窓引違い、腰高窓竪辷り出し、腰高窓FIX、掃き出し窓ピクチャー
和室窓:掃き出し窓引き違い、肘掛け窓引き違い
玄関ドア:Nタイプ 10巾片開き(両側3巾+3巾袖部合わせ網入りガラス)ウッディブラウン
シャッター:腰高窓竪辷り出し及び腰高窓FIX以外、すべて電動
       西側のみシャッターにアウタースクリーン付(引き違い窓1つだけ)
洋室ドア:FG建具(タイプFC,FA,Q,F)シンザクラ、オールドチェリー
      一部KG建具
和室ドア:襖べり:呂色
和室仕様:2mふすまに変更し、長押をはずした新書院仕様(床柱:黒檀貼角柱、床框:黒檀框+ケヤキ床、杉落とし掛、付柱、隅柱、天井材:敷目貼中杢)
       仏壇入れAタイプ、神棚(天袋タイプガラス入り折戸:名古屋特注仕様)
玄関:玄関収納トールタイプ コ型タイプ鏡付シンザクラ、壁の一部に、さららファイングリッドタイル
玄関床:デザーレート200角
床:1F リビング・玄関・廊下・台所をフレッシュバーチ(ハイコート仕上げ)、勝手口のサンダル置きスペースにクッションフロアー、トイレ・洗面所クッションフロアー、
  2F ミニリビング及び廊下のみフレッシュバーチ(ハイコート仕上げ)、主寝室および書斎ソフトチェリーライトブラウン、子供部屋及び納戸フレッシュバーチ、洗面所クッションフロアー、トイレはサニタリーフロアー防音仕様

このつづきは、工事レポートがない時に、設備その2として、話します。。。
すでに変更契約済みなのですが、一部、追加変更工事契約を協議中です。。。
(設備その1の項目については、変更ありません。)

短期間で、仕様・設備まで決めるって大変です。どうしても後でこれに変更したいと思ってしまいます~~~~~~><

まだ、土留め工事はじまらず。。。

2008年10月01日 00:41

9月30日
土留め工事はじまらず~~(台風の影響ですかね^^;)

ってことで、なにも話題ありません。

これではつまらないので、このプログ、地鎮祭からスタートしたことから仕様など説明がありませんでした。そこで空いた期間に、仕様や設備などを説明していきたいと思います。

今回は、仕様についてですが、

2世帯住宅
商品名:ヘーベルハウス 新大地
     (0801仕様)
耐震要素:制震フレーム仕様
屋根:ナノルーフHC ブラック
壁塗装:セラミトーンマチエール そいろL
外壁目地:PJタイプ
軒天部:0801仕様 エンボスライトベージュ

外見はこんな感じです。
ほとんどカタログどおりって感じでした。総合カタログ(0801仕様)で新大地のところの一番初めにあった写真を採用しました。
単純でしたね。でも、これがいいな~って思っていましたので。

では、まだ工事が進まないようでしたら、設備についても話していきます。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。